一度食べたらハマる食べるラー油

食べるラー油は登場と共に大ヒット商品になっているようです。ここでそんな食べるラー油に関するいろいろな情報をお届けしたいと思います。

サイトトップ > ラー油とは

スポンサードリンク

一度食べたらハマる食べるラー油

ラー油とは


ラー油(辣油)は中華料理などに使う調味料として一般的なものですが、もともとラー油とは唐辛子などの香辛料を植物油に入れて加熱し、その辛味成分だけを抽出した調味料のことで「辣」とは熱を伴う辛さを意味しています。


その特性から中国料理の四川料理で特に麻婆豆腐や担担麺などの調味料、薬味としては定番となっています。


ラー油の基本的な製法としては山椒、葱、生姜、にんにく、唐辛子数種を、高温の食用油に通して作られますが、安価なラー油の場合だと、唐辛子を使わずに色素と香辛料で色と辛さを出していることもあります。


自家製法としては、ゴマ油に唐辛子を入れて軽く加熱しますが、失敗が少ない方法としては、七味唐辛子をゆっくり加熱してある程度温まったら火を止めて余熱で辛味を抽出させます。


さて、日本での市販製品や中華料理店にあるラー油は油成分のみのものが多いわけですが、中国の食堂やレストランに置かれているラー油では、油で熱した時の焦げた唐辛子などの薬味が器の底に沈んだままになっていることがあり、中国人はその薬味もすくって料理に使用するケースが多いのです。


製法や風味は店舗や地域で多少異なりますが、香りが強く、口に入れたとたんに噎せるほど辛味が強いものもあります。


さて、ここから食べるラー油のスタートとなりますが、2009年8月に桃屋が食べるラー油として「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を発売してからブレイクしたのです。これは品薄状態が長期間続くほどの人気となって、たちまちブームとなりました。


一度食べたらハマる食べるラー油

MENU



スポンサードリンク